ガーデニングで起こるトラブルをチェック!

ガーデニングで起こるトラブルをチェック!

植物

春の植物の手入れ方法

屋内にずっと観葉植物や花を飾っていると、雑草はほとんど生えませんが、葉の上にホコリがたまります。葉を傷つけないようにこれらを取り除くには、雑巾で拭いたりするのではなく、ホコリ吸着シートなどで優しく葉を撫でるように手入れしてください。

植物

植物を育てる上で起こる害虫トラブル

屋外で植物を育てていると、どうしても避けられないのが害虫トラブルです。特にアオムシが葉を食べたり、ネキリムシが茎を食べたりするのは植物をダメにしてしまう危険があり、徹底的に対処しなければなりません。

植物

害虫トラブルにならないための対策法

害虫に最もよく効くのは、害虫駆除薬です。害虫が発生した場合はすぐに駆除薬を散布し、その後も定期的に撒いておけば駆除できます。また害虫は湿気を嫌う種が多いので、霧吹きなどで葉を湿らせておくのも効果的です。

植物

病気にも注意が必要

観葉植物や花の敵は害虫や雑草だけではなく、病気にも気をつけなければなりません。例えば細菌によって引き起こされる灰色カビ病や青枯病は、植物を完全にダメにしてしまうので、早めの発見と対策を心掛けましょう。

春だから気をつけたい!植物を育てる時に多いトラブルランキング

植物
no.1

雑草が育ちやすい季節

春は様々な植物の芽吹く季節であると同時に、雑草が一番育ちやすい季節でもあります。雑草に栄養を取られる前に抜くよう気をつけましょう。

no.2

害虫を寄せ付けない

花に寄ってくる虫の中には、受粉を手伝う益虫と葉や茎を食べる害虫がいます。害虫も植物の生育を阻害するので、駆除しましょう。

no.3

益虫は歓迎する

害虫は駆除する一方で、受粉を媒介する益虫は追い払ってはいけません。なぜなら益虫がいなければ受粉が行われず、種もできないからです。

no.4

鉢植えの温度を上げすぎない

鉢植えの温度が上がると、細菌が発生しやすくなります。植物を病気にならずに育てるために、鉢植えを直射日光から守るなどの対策が必要です。

no.5

近所の迷惑にならないように

ガーデニングで花を隣の家まで侵食させる、紫煙を炊いて害虫駆除を行うなどの行為は近所トラブルの原因になります。周りへの配慮も心掛けて趣味を楽しんでください。

広告募集中